本文へスキップ

創立1971年/2012年4月より一般社団法人

Japan Compass Adjusters' Association since 1971

最終更新日 平成28年5月17日.

一社)日本コンパスアジャスタ協会

磁気コンパスは適切な自差修正が必要です。
コンパスアジャスタの有資格者による定期的な自差修正により、磁気コンパスは正確な方位を示します。
自差修正は当協会のコンパスアジャスタにご依頼ください。

※自差修正、気泡抜きなどのご依頼は 当面は、mail★jcaa.jp にお願いします。
 (迷惑メール防止のため、★を@に換えてメールください。)

 会員の皆様へ
 お知らせ
◆平成28年度 磁気コンパス整備技術講習会
 (1)平成28年度はB講習会を平成28年9月下旬予定しております。
 B講習会を受講できる準会員の方には協会事務局からお知らせしますので、参加申請をご準備ください。
 一般社団法人日本船舶品質管理協会に申請中ですが、9月26日(月)からの週を予定しています。
 開催会場は東京海洋大学品川キャンパスです。
 (2)平成28年度はA講習会について現在では開催の予定はありませんが、希望者多数の場合(7名以上)には開催を検討しますので、事務局まで御連絡下さい。
 現在2名です。開催の有無は追ってお知らせします。
 まず、入会希望をお知らせくださいますようにお願いいたします。A講習会の受講には本協会の準会員であることが必要です。

◆平成28年度の研修会の日程
 平成28年度の研修会は次のように予定しています。
 一社)日本船舶品質管理協会に申請中です。
 今年度に有効期限が満了する方の技術者証更新には研修会の受講が必須要件となっております。有効期限をご確認くださいますようにお願いいたします。
 どちらかの研修会の受講前に有効期間が満了してしまう正会員の方は早急に事務局にお知らせくださいますようにお願いいたします。
 (1)地方会場:広島県三原市 7月8〜9日(金、土)
     (参加申請受付中)
 (2)東京会場:東京海洋大学品川キャンパス 9月26〜27日(月、火)

◆平成28年度第1回理事会が平成28年2月20日に開催されました。

◆平成28年度第2会幹事会が平成28年4月18日に開催されました。
 次回の幹事会は6月下旬に予定しています。

◆事務局長への会員専用メールを設定しております。office★jcaa.jp となります。(★を@に変換してご利用ください。)
◆会誌「コンパス」への会員の皆様からの投稿を歓迎いたします。体験談、紀行文などの面白いお話、もちろん技術的な質問、何でも歓迎いたします。
 今年度はさらに2回の発行予定がありますので、ご投稿をいただいてから近々の会誌に掲載致します。僅少ながら原稿料も準備しております。

information本協会について

 わが一般社団法人 日本コンパスアジャスタ協会(JCAA)は平成24年(2012)4月、創立40周年を迎えた日本コンパスアジャスタ協会を基盤として新たに設立した一般法人であります。 本協会は法人化前からの念願を継承し、磁気コンパス自差修正およびその関連事項に関する会員の知識と技術の向上をはかることによって航海の安全に寄与することを目的としております。昭和46年10月に発足した前身日本コンパスアジャスタ協会が実施していたように、(社)日本船舶品質管理協会(略称品管)の技量認定を受けて登録された「登録コンパスアジャスタ」を正会員とし、登録コンパスアジャスタになろうとする方を準会員とする協会です。会員の知識と技術の向上のために、品管とともに講習会、研修会の開催や自主的な調査、研究ならびに情報収集、磁気コンパスの機能改善対策等を行っております。



information設立経緯

 磁気コンパスの修正に携わる方々の協会を作る必要があることは、私が教鞭を取るようになった昭和19年から、高等商船学校や水産講習所の先生らが常々口にされていました。以来、良い磁気コンパスを、良い位置に装備して、良い修正を行なうことを三つの柱として推進する必要を痛感していました。
 良い磁気コンパスについては、日本工業規格として磁気コンパスが定められた品質を保証されることになりました。良い位置に装備してという問題も、「昭和59年5月15日、ISO(国際標準化機構)でISO25862「船用磁気コンパス、ビナクルおよび方位測定具」の発行によって国際規格として決定されました。この中には製造規格、装備位置、自差修正まで取り入れられ規格としては一応完結されました。近いうちに日本工業規格にも翻訳規格として取り入れられるとおもいます。 最後に残った良い修正をという問題は、人の問題が付きまとうために、なかなか解決が困難でしたが、日本舶用工業会の法定船用品研究委員会で、昭和44年にこの問題が取り上げられ、当時の運輸省方面にもその重要性が認識されました。昭和44年9月27日、まず任意団体日本コンパスアジャスタ協会の発足を目指しましたが、国家資格は任意団体で扱えないことから法人化を考慮しましたが、これまた、人事と資本金の点で行き詰まりました。 そこで、次の手段として選ばれたのが、運輸省がその権威を認めている適当な法人によって、資格認定をしてもらえるとのことでした。幸い日本舶用工業会の品質管理本部が発展的に独立した日本船舶品質管理協会は、その事業の一つとして膨張式救命いかだの整備技術者の講習および資格取得のことを行なっており、この協会で発行した免許証は、運輸省が認めています。このことは私たちの考えていた形に適合し、しかも、資格が公的に認められることになるのです。
 日本船舶品質管理協会で行われる磁気コンパス修正に関する講習や資格認定の委員会には、日本コンパスアジャスタ協会からも委員が出て、その企画に参画することになっています。また日本コンパスアジャスタ協会も、日本船舶品質管理協会のメンバーの一員となって、いろいろと相談にあずかることになりました。
 このようにして、資格認定というコンパスアジャスタの社会的地位の向上が明るくなりました昭和46年10月2日、日本コンパスアジャスタ協会を発足しました。発足に当たり、運輸当局をはじめ、水産庁、日本船舶品質管理協会、日本海難防止協会、日本船主協会、日本船長協会、日本ドックマスタ協会、全日本船舶職員協会等の暖かいご支援を得ましたことは感謝に堪えません。
 幸い平成18年公益法人改革三法が交付され、平成20年12月以降施行されるようになりましたので、2年前から永年の念願であった法人化を目指し、遂に平成24年4月から一般社団法人 日本コンパスアジャスタ協会として出発することとなりました。今後は、資格をもった日本のコンパスアジャスタが団結してお互いの融和をはかりつつ、その技術の向上と、地位の発展をめざし、良き後継者の育成に力を尽くし、各自の自差修正の業務を通じていささかでも航海の安全に寄与しつつ、いつまでも本会が栄えるように望むものであります。注1)


注1)設立総会(昭和46年)時の庄司会長(当時。現名誉会長)の挨拶文から、当協会の設立経緯に関する部分を抜粋し現在の状況を加味したものです。


お知らせ

2012年4月、日本コンパスアジャスタ協会は、一般社団法人になりました。


2016年5月17日
本部・各支部一覧(組織体系)のページを変更しました。
トップページ及び会員専用ページのお知らせに重要事項があります。

2016年4月6日
会員ページにおいて「会誌Compass」のバックナンバーを載せました。
(No.1〜88)

2015年12月17日
関東支部支部長が12月14日に交代されました。
合わせて「本部・支部」ページ(旧「役員リストページ」)を修正しました。
「ごあいさつ」のページの、ご挨拶をアップしました。

店舗イメージ

shop info.店舗情報

一社)日本コンパスアジャスタ協会

事務局所在地
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-29-38
伸光計器株式会社気付
事務局長  荒井 和彦
TEL.080-1266-7321
FAX.03-6734-0713